研究室用遠心機 RobotCen
多機能床置き可動槽式

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
機能
多機能
設定
床置き
回転子の特徴
可動槽式, 角度
性能
高速
使用方法
自動, ロボット式
速度

最少: 0 rpm (0 rad.min-1)

最大: 11,000 rpm (69,115 rad.min-1)

詳細

ラボの自動化 ライフサイエンスプロセスの自動化における新しいコンセプトは、ますます多くの研究室で現実のものとなりつつあります。ステーションや装置間でのサンプルや実験器具の運搬は、もはや手作業ではなく、ロボットがその作業を代行することが多くなっています。 従来の実験装置をこのようなコンセプトに統合するには、通常、ロボットとの円滑な相互作用を確保するために実験装置を適合させる必要があります。Herolab社は、RobotCenという特別な機器のラインで、長年にわたってこの課題に取り組んできました。 ロボットサプライヤーとの密接な協力関係により、ロボットと遠心分離機の同期化という次の大きなマイルストーンを達成することができ、システム全体のアプリケーションの範囲を大幅に広げることができました。 ロボットセン RobotCenは、実験室用ロボットとの相互運用を目的として設計されており、汎用遠心分離機の利点と実験室の自動化に関する特定の要件を組み合わせています。成功の鍵となるのは、実験室のロボットと遠心分離機の間のシンクロナイズされたコラボレーションです。遠心分離機との通信はイーサネットポートを介して行われ、遠心分離機の制御ユニットがローターを事前に定義された位置に正確に誘導し、ロボットアームが自動的にローディングとアンローディングを行います。 このように、RobotCenのユニークな利点は、実験室でロボットと相互運用することにより、遠心分離機のアプリケーションの幅を大きく広げることができることです。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。