1. 研究室
  2. 物理化学的分析
  3. ラマン分光器
  4. HORIBA Scientific/堀場製作所

ラマン分光器 HORIBA Jobin Yvon
研究用

ラマン分光器
ラマン分光器
ラマン分光器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ラマン
用途
研究用
波長

532 nm, 632.8 nm, 785 nm

詳細

ラマン分光計-モジュラー方式 繊維によってつながれる顕微鏡 分光計の範囲は焦点距離および決断のラマンあなた自身の実験に統合のために利用でき、すべての条件に適する– 140mmから550mmまで以上に及ぶ。 こうして適用が地図を描く定期的なスクリーニング、蛍光性およびPLのためであるかどうかまたはラマン詳しい高リゾリューションの研究、マッチへの分光計は利用できる。すべてはHORIBAの熱心なラマン見本抽出の選択の自身の範囲とを完全なラマン分光学システムに与えるために共焦点の繊維顕微鏡か光ファイバーの試し調査結合することができる。 高い分光決断のための低い迷光のレベルそして選択の高精度の分光計 高い感受性CCDの探知器(TEの空気かLN2は冷却した) 格子および試しの光学はラマンのために最大限に活用した 蛍光性、PLおよび光学分光学に拡大すること準備ができたアップグレード可能な分光計のプラットホーム

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。