UV-VIS-NIR(可視-近赤外)分光器
診断ライフサイエンス用

UV-VIS-NIR(可視-近赤外)分光器
UV-VIS-NIR(可視-近赤外)分光器
UV-VIS-NIR(可視-近赤外)分光器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
UV-VIS-NIR(可視-近赤外)
用途
診断, ライフサイエンス用
波長

最少: 200 nm

最大: 600 nm

詳細

HORIBAは、最大96チャンネル同時測定が可能な幅広いカスタムOEMマルチチャンネル分光器を設計・製造しています。 広帯域スペクトル範囲、低解像度、カスタマイズされたファイバーバンドルのイメージング分光器のおかげで、HORIBA OEMマルチチャネル分光器を提供します。 HORIBAマルチチャネル分光器を使用することにより、処理速度を向上させ、コスト削減でプロセスを並列化します。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。