1. 研究室
  2. 物理化学的分析
  3. ラマン分光器
  4. HORIBA Scientific/堀場製作所

ラマン分光器
紫外線卓上

ラマン分光器
ラマン分光器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ラマン
その他の特徴
卓上
波長

最少: 200 nm

最大: 2,100 nm

詳細

UVラマン分光装置の場合、 UVラマン(レーザー波長が400nm以下)を使用して特定のサンプル特性をプローブし、典型的な目に見えるラマン測定とは異なる実験特性の恩恵を受けることができます。例えば、ラマン散乱効率の大幅な向上、レーザー貫通の改変などです。 サンプル内、および異なる化学物質への共振結合。 しかし、UV解析には数多くの技術的課題が伴い、UVラマンが研究者にとって本当に有用なツールになるためには、計器設計を考慮する必要があります。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。