X線撮影システム ATLAS
アナログ多目的X線撮影用台付き

X線撮影システム
X線撮影システム
X線撮影システム
X線撮影システム
X線撮影システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

システムの種類
X線撮影システム
技術
アナログ
応用
多目的X線撮影用
特徴
台付き, 床置型ブッキ-

詳細

従来のチェストボーンズルーム アトラス」チェストボーンズルームは、使い勝手の良さと汎用性の高さにより、使いやすさを追求しています。 備考 フローティングパネルテーブルとバーティカルポッターには可動式のグリッドが装備されています。カセッテホルダーは18x24cmから36x43cmのサイズに対応しています。 X線発生装置はHF400kHzタイプで、32、40、50、65kWの出力範囲をカバーしています。自動出展オプション(AEC)をご用意しています。 高さ調整が可能なテーブル。 ATLASテーブルには、目的の放射線検査に応じて3つのポジションを持つ「高さ可変」バージョンが用意されています。このオプションにより、患者さんをより簡単にサポートすることができます。 また、患者が立ったままの状態で、垂直方向のポッターを使って検査を行うことも可能です。 トモグラフィー : このシリーズのチェストボーンルームでは、トモグラフィーが利用できます。 胸骨室「アトラス」は、DRフラットパネル検出器のカセッテタイプを追加することで、そのままデジタルルームにすることができます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Idetec Medical Imagingの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。