実験用熱量計 C 6000 isoperibol Package 2/10

実験用熱量計
実験用熱量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
実験用

詳細

C 6000アイソパラ酸素爆弾熱量計は、現代の技術、変動性、自動化を1つの装置に統合しています。 これは、DIN、ISO、ASTM、GOST、GBなどのすべての爆弾熱量計基準に従って動作します。 オペレータは、各測定モードで3つの異なる開始温度22°C、25°C、30°Cから選択することができます。 分解容器の新しい設計により、測定時間を短縮することができます。 PC、プリンタ(イーサネット、シリアル、USB)、バランス、USBスティック用のさまざまなインターフェースにより、このユニットはお客様の特定のアプリケーションニーズに容易に適応できます。 当社の熱量計ソフトウェアC 6040 Calwin(アクセサリ)を使用すると、データ管理とLIMSへのさらなる適応が可能です。 測定@@ モード: isoperibol 動的 特徴: 自動点火と点火エネルギー測定 自動水充填と排水 自動酸素充填、換気およびフラッシング RFID技術による自動分解容器同定 の新しい設計簡単かつ迅速なサンプル調製を可能にする分解容器 簡単で便利な静電容量式タッチスクリーン 操作世界的に使用されている規格のチャート表示と補正計算 Ethernetインタフェースを接続し、ネットワークプリンタの USBインタフェースを容易にデータ管理とソフトウェアを実現アップデート C 6000アイソパラパッケージ 2/10は、以下で構成されています: C 6000アイソパラ C 6010分解容器、標準 技術データ 測定範囲最大.40000 J 測定モードダイナミック 22°サイクル 測定モードアイソパラボル 22°サイクル測定モード ダイナミック25°サイクル測定モード測定モード アイソパラボル 22°サイクル測定モード25°サイクル 測定モードダイナミック30°サイクル

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。