実験用熱量計 C 7000 basic equipment set 1

実験用熱量計
実験用熱量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
実験用

詳細

C7000は、固体および液体試料の総発熱量を測定するための完全乾式システムを搭載した初のIKA® 熱量計です。 温度は分解システム内で直接測定されます。 これにより、測定時間が3~7分の範囲になります(サンプルにより異なります)。 このシステムは、コードリング方式を使用して最大8つの異なる分解容器を管理できます。 -高いサンプル周波数 -ISO 1928に基づく正確な再現可能な総発熱量測定 -自動アプリケーションフローによる日常作業の削減 -自動分解容器識別 -スケール、プリンタ、PC用インターフェース接続 -ユーザーフレンドリーソフトウェアC 5040 CalWin-測定データの熱量計と投与を制御する -分解容器は、可燃性るつぼC 14 C 7000基本機器セット1で構成される C 7000測定セル C 7010分解容器、標準 C 7002冷却システム C 48 酸素ステーション 技術データ 測定範囲最大30000 J 測定モードダブルドライ (ISO 1928) yes 測定時間ダブルドライ約3分 ダブルドライ再現性 (1g 安息香酸 NBS39i) 0.2%RSD 作業 温度最大30°C 温度測定分解能 0.0001 K 冷却中温 12-30 °C 冷却中許容動作圧9 bar 冷却中水道水 冷却 流量 120-180 l/h 酸素作動圧力最大 40 bar インターフェーススケールRS232 インターフェースプリンタセントロニクス インターフェース PCRS232 PCRS232 分解検出 用分解容器C 7010yes 寸法(幅×高さ×奥行き)310×395×490ミリメートルの 重量50.162キロ 許容周囲温度18-30°C

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。