オーバーヘッド実験用シェーカー STARVISC 200-2.5 control
回転式デジタルベンチトップ型

オーバーヘッド実験用シェーカー
オーバーヘッド実験用シェーカー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

動作の特徴
回転式
ディスプレイ
デジタル
タイプ
ベンチトップ型, オーバーヘッド
回転速度

最少: 6 rpm (38 rad.min-1)

最大: 2,000 rpm (12,566 rad.min-1)

温度域

最少: -10 °C (14 °F)

最大: 350 °C (662 °F)

詳細

製品開発中でも粘度を測定して表示する:新しいIKA STARVISC 200-2.5制御トルク測定スターラーが実現します。 結果は、ディスプレイ上でリアルタイムに読み取ることができます。 したがって、STARVISCには幅広いアプリケーションがあります。 これは、製品開発時に特に役立ちます。STARVISCは、研究プログラムを実施している間に、攪拌した物質を希望どおりに使用できるかどうかを明確に示しています。 高精度測定 STARVISCは高精度な方法で測定し、製造工程中でもこれを行います。 サンプルを別々に採取する必要はなくなりました。 粘度計算 粘度計算は、ユーザーフレンドリーなメニューからすぐに実行できます。 取り外し可能なコントロールユニット 現代のTFTディスプレイは取り外し可能です。 これは、STARVISCも安全な距離から制御できることを意味します。 強力な攪拌機 高粘度物質でも、強力なSTARVISC攪拌機を使用して集中的に攪拌することができます。 技術データ 攪拌位置あたりの最大攪拌量 (H2O) 100 l モーター定格入力130 W モーター定格出力84 W モータ原理ブラシレスDC 速度表示TFT 速度範囲0/6-2000 rpm 断続動作あり 粘度最大100000 mPas 撹拌シャフトでの最大出力 84 W 許容オン時間 攪拌軸における最大トルク200NcmトルクI最大200Ncm トルクII最大 40Ncm 速度範囲I(50Hz)6〜400回転速度範囲II(50ヘルツ)30〜2000回転 速度範囲II(50ヘルツ)30〜2000回転 速度範囲I(60ヘルツ)6〜400回転 速度範囲II(60ヘルツ)30〜2000回転 速度制御無段階 の設定精度速度1 ±rpm 速度測定の偏差 n > 300rpm1 ±% 速度測定の偏差 n < 300rpm3 ±rpm 攪拌素子ファスナンチャック

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。