尺骨骨切りプレート UOL
末端ロッキング金属製

尺骨骨切りプレート
尺骨骨切りプレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
尺骨
骨の部位
末端
固定
ロッキング
素材
金属製

詳細

尺骨骨切り術用ロッキングプレート(UOL) Ulna Osteotomy Locking Plateは、ロッキングスクリューとコンプレッションスクリューで固定するプレートシステム(ハイブリッドシステム)で、尺骨遠位部の短縮骨切り術後の解剖学的および生体力学的要件に特別に適合しています。一つのデバイスで、Ulna Osteotomy Locking Plateは、回転安定性のある短縮と圧迫のオプションを備えた切開部のユニークなコプラナーオリエンテーションを可能にします。複数の手術手順を一つのデバイスシステムに標準化することで、手術手順の質を向上させます。 尺側手首のインパクション症候群。 製品の特徴 - 多方向からのロッキング - 解剖学的輪郭を持つ - 骨切りの前にプレートを配置 - 簡単に接合できるコンプレッション器具 骨切り面の接合を容易にします。 強度を自由に選択可能) - Lockingによる矯正効果の低下がない 適応症 - 尺側手首のインパクション症候群 - 症状のある、外傷後の尺骨の位置異常 遠位無線尺骨関節(DRUJ)における - 変形性尺骨バリアンス - 患部のない側に対する尺骨の位置の修正 患部のない方の尺骨の位置を最大で 最大13mmまで2段階で修正 スクリュードライバー、WS 2.5 56252 - スクリュードライバー、トルク、T9x70 56095-70 - 自己保持スリーブ、ドライバー、トルク 9 56095-70-2 - デプスゲージ、PROlock 59023 - ドリルガイド、D=2.0/2.7mm 62202 - ドリルガイド、D=2.0mm 62208 - スパイラルドリル, D=2.0mm, L=100mm, AOコネクタ 61203-100 - スパイラルドリル, D=2.4mm, L=100mm, AOコネクタ 61243-100 - インスツルメント、Ulna Osteotomy Plate 680851-680859

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。