研究室用除染ステーション STELEC® PAA
製薬産業用コンパクト自動

研究室用除染ステーション
研究室用除染ステーション
研究室用除染ステーション
研究室用除染ステーション
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

特性
研究室用, 製薬産業用
その他の特徴
コンパクト, 自動

詳細

JCEバイオテクノロジーは、アイソレータ、制御環境ゾーン、コンテナ、トランスファーエアロック、およびGeobacillus Stearothermophilusの削減を必要とするあらゆる種類の気密システムおよび機器を含む、あらゆる種類の機器のための幅広い表面バイオ汚染除去システムを設計および製造しています。6ログに桿菌の萎縮菌胞子。 原則 — 滅菌または生物汚染は、抗菌ガス(EN 13 824)を使用して、アイソレータまたは生存可能な微生物を含まない他の密閉されたシステムの環境をレンダリングするために検証され、使用されるプロセスです。 — 表面は殺菌剤を噴霧することによってバイオ汚染除去されます。 — 使用される製品は、過酢酸である (PPA濃度 4.5%). — 表面のバイオ除染滅菌は、6ログにバチルス・アトロフェウスATCC9372バイオ指標の減少に続いて準拠しています。 特性 — モバイルまたは統合デバイス — 汚染除去するボリュームに応じたシステム構成 — 自動操作 — GMP/GAMP/21 CFR Part 11規格に準拠した動作データのトレーサビリティ — 304Lステンレス製エンクロージャ — タッチスクリーン — USBコンセント —滅菌量とすすぎ時間の手動プログラミング — 滅菌剤の量と残留量の目視チェック — 蒸発温度の電子制御 — 圧縮空気の流れの制御 — 清浄で乾燥した圧縮空気システムの圧力3.5~6バール —滅菌剤消費量:60~80 ml/ 時 — 推奨使用流量と圧力:1 バールで50~70リットル/分 — 除染温度:周囲+/-1°C

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

JCE BIOTECHNOLOGYの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。