LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム JMS-T100LP
液体研究用モジュール式

LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム
LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム
LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム
LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム
LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)クロマトグラフィー システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
液体
用途
研究用
検知タイプ
LC/飛行時間型質量分析計(TOF-MS)
オプションとアクセサリー
モジュール式

詳細

AccuTOF LC-plus 4Gは、好評を博しているAccuTOF LCシリーズの第3世代で、シンプルかつ堅牢で汎用性の高い大気圧イオン化方式の高分解能飛行時間型質量分析計(API-HRTOFMS)です。LC/MSのイオン化技術として最も広く使われている標準的なエレクトロスプレーイオン化(ESI)に加え、日本電子独自のイオン化技術であるDARTやColdSprayにより、様々な分野でのソリューションを提供することができます。 AccuTOF LC-plus 4Gは、シンプルで堅牢なLC/MSシステムです。標準の直交ESIイオン源に加え、オプションで大気圧化学イオン化(APCI)イオン源を搭載し、LC/MSの多様なアプリケーションに対応します。オプションのオートインジェクションバルブで内部質量参照化合物の導入を自動化することで、LC/MSにおける正確な質量測定をルーチン化することができます。 DART (Direct Analysis in Real Time) アンビエントイオン化の先駆者である日本電子 DARTは、2003年にJEOL USA, Inc.の質量分析アプリケーションラボで誕生しました。後に「アンビエント・イオン化」と呼ばれる一連の新しいイオン化技術の中で、DARTは最初に発明され、2005年に初めて実用化されました。 コールドスプレー オプションのColdSprayイオン源を使用すると、自己組織化した超分子、いくつかのクラスの有機金属錯体、短鎖二本鎖DNAなど、熱に弱い分析対象物をそのまま分析することができます。ColdSprayイオン化法は、徳島文理大学(旧千葉大学)香川薬学部の山口健太郎教授らにより、科学技術振興機構のプロジェクトとして開発されました。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Jeolの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。