セメントレス人工臼蓋 Furlong® H-A.C CSF plus

セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

固定タイプ
セメントレス

詳細

H-A.C. Coated CSF Plusは、Furlong® H-A.C. CSFカップの進化版です。改良点として、内部テーパーの異なる2種類のシェルが利用できるようになりました。18ºの内部テーパーはセラミック(Biolox®delta)ライナー用で、5ºはCLP75®高架橋ポリエチレンライナー用です。 カップにはSupravit® Zoned HAコーティングが施され、オプションで固定用のスクリューホールが用意されています。 主な特徴 3種類の専用シェルタイプ セラミックライナー、CLP75®ライナー、マルチホール(セラミックライナーのみ)の3種類の専用シェルがあります。 5個または8個のねじ穴 5個または8個のネジ穴 - CLP75®シェルで必要な場合は補助的に固定し、不要な場合はブランクにすることができます。 半球型カップ 半球型カップ - リーマーサイズより平均4%大きく設計され、赤道干渉嵌合を実現します。 豊富なサイズバリエーション セラミックおよびCLP75®標準/10°フード付き用の44mm-70mm(2mm刻み)。54mm-70mm (2mm刻み) マルチホール用 妥協のない最高の汎用性 15A* CSF寛骨臼カップシステムの臨床的成功を維持しつつ、重要な機能強化を図りました。 特許取得済みのSupravit®ゾーンコーティング技術による骨吸収の最大化 摩耗を軽減するためにベアリング材を強化 インプラントの設計を最適化し、可動域を広げ、脱臼のリスクを軽減します。 経済的で簡潔、かつ使いやすいインスツルメントを完成させました。 ナチュラルバイオロジカルフィクセーション 35年にわたる経験により、生体と不活性物質を自然に結合させることができます。 JRI独自のコーティングは結晶性が高く、吸収が遅い。 真空プラズマ溶射(VPS)技術-他社が採用している大気圧プラズマ溶射(APS)に比べ、熱割れを起こしにくく、ガス孔ができにくいため剥離が起こりにくい

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

JRI Orthopaedicsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。