デジタル移動式X線撮影ユニット AeroDR TX

デジタル移動式X線撮影ユニット
デジタル移動式X線撮影ユニット
デジタル移動式X線撮影ユニット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
デジタル

詳細

"Dynamic Digital Radiography"(DDR)の新たな価値で、モバイルX線撮影の可能性を広げる。 従来の静止画よりも多くの情報を提供できる、画期的なモバイルX線システム。 DDRの新しい価値(機能性X線診断への移行): ダイナミックデジタルラジオグラフィー(DDR)は、高速かつ低線量で取得された一連のデジタル画像を提供する拡張X線技術である。その結果、シネループにより、臨床医は解剖学的構造の経時的な動きを観察することができ、診断能力を向上させることができます。この一連の動きは、DDRの高度な画像処理機能により分析・定量化されます。DDRは透視ではなく、動くX線です! モバイルX線システムにおけるワイヤレスDDR: モバイルDDRは、パルスX線のシーケンスを送信し、一連の静止画像を表示することで、肺や横隔膜などの構造物の動きを可視化し、ICUなどのベッドサイドX線撮影において、患者を動かすことなく、従来の静止画像よりも多くの情報を提供します。 TX Mobile DDR Readyももたらすもの: 露光ワークフローを支える快適な操作性 微細な位置決め動作をサポート 4段テレスコピックアーム ヘッドアッセンブリーのセカンドスクリーン 位置決めをサポートする「アライメントサポート機能 アンチコリジョンセンサー 動きに合わせたタッチセンサーハンドル 幅540mmのコンパクトなデザイン 19インチの大画面を採用 検出器充電機能付きキャビネット 新しい画像技術で臨床を進化させる: モバイルX線検査環境でのDDRを可能にする フレームレート:15fps 露光時間:最長で20秒

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。