大動脈生体弁 Dokimos Plus
ウシ組織

大動脈生体弁
大動脈生体弁
大動脈生体弁
大動脈生体弁
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

バルブのタイプ
大動脈
材料
ウシ組織

詳細

DOKIMUS PLUS 弁補綴物は、ウシ心膜の減速剤® 処理で作られており、組織の生物学的安定性を高めています。 レデューサー® 治療は、架橋を最適化し、組織の生物学的安定性を高めるだけでなく、抗原性および脂質含量を減少させ、それはまた、構造的完全性を維持し、付着ストレス(ゼロ圧力)に組織を提出しません。 バルブが最適に患者の環状内に座っている場合, アフレットを完全に開くことができます, 勾配の重要な減少をもたらす, 特に小さい直径で. 縫合リングの位置は、環状および上環状の両方の移植を可能にする。 生物学的組織への摩耗は、繊細な心膜膜をバルブポストのレベルで介入することによって回避される。 心膜の厚さは、各バルブ直径、ならびに脱出及び漏れの可能性を低減する心膜層の高さおよび凝固領域、ならびに移植プロテーゼの長い耐久性をもたらす疲労に対する耐性を増加させる。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。