強制空気実験用培養器 ZXSD-B1160
BOD移動式フラスコ用

強制空気実験用培養器
強制空気実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
強制空気
応用
BOD
設置
移動式
その他の特徴
フラスコ用
温度域

最少: 4 °C (39.2 °F)

最大: 65 °C (149 °F)

容量

160 l (42.3 gal)

詳細

記述: LABWITからのZXSDシリーズのBODの定温器はいろいろ高度の実験必要性を満たすように設計されている 、サンプルの保存BODの決定から微生物文化の孵化まで及ぶ、ショウジョウバエの孵化 そして酵素の活動の決定。これらの適用はすべて精密な、一定した温度調整を要求する。それぞれの 4つのモデルに包囲された-18 °Cからの広い温度較差がある(最低の4°C)から65 °Cは単一でおよび作動させることができる ユーザー定義の温度はまた時間枠内の9つまでの温度の区分と、しかしプログラムすることができる。 (18のステップ)。(冷却の)圧縮機の操業絶えずおよび制御はより精密のための電磁弁を通して行われる 低くより周囲温度が要求されれば温度調整。 ZXSDシリーズBODの定温器はまた電源異常の場合にはバックアップ プログラム、の貯えられた変数remaを特色にする マイクロプロセッサの記憶。従ってあなたの実験は同じ条件の下でによって中断されて時でさえ再開する 力の中断。

---

カタログ

Catalog LABWIT
Catalog LABWIT
76 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。