ドラッグ検診用検査キット LC-TPMT-LP-24
TPMT研究所用

ドラッグ検診用検査キット
ドラッグ検診用検査キット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
ドラッグ検診用
検査パラメータ
TPMT
サンプルのタイプ
研究所用

詳細

ループ媒介性等温熱増幅法による最も一般的なTPMT非機能性対立遺伝子の検出 意図的使用 LAMP Human TPMT deficiency KITは、3種類の非機能性TPMT対立遺伝子の定性的な検出を目的としたin vitro診断テストです。本検査法は、診断研究所での専門的な使用を目的としています。本装置は自己診断用ではありません。 疾患情報 TPMT欠損症 TPMT遺伝子は、6-チオグアニン、6-メルカプトプリン、アザチオプリンなどのチオプリン系薬剤を分解する反応に関与するチオプリンS-メチル化酵素をコードしています。これらの薬剤は、体の免疫系を抑制するため、いくつかの癌や免疫系の疾患の治療に使用される。また、移植された臓器の拒絶反応を抑えるためにも使用されている。チオプリンS-メチル化酵素は、芳香族および複素環式のスルフィドリル化合物のS-メチル化を行う。この酵素は、薬剤を不活性な化合物に代謝する。TPMT欠損症は、TPMT酵素の活性が低下することで、体内での薬物の存在時間が長くなってしまう。その結果、赤血球や白血球、血小板の数が減少する骨髄の抑制など、チオプリン療法による重篤な副作用が生じる可能性があります。TPMTには複数の非機能性対立遺伝子があり、そのうち最も一般的なものを以下に示します。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。