1. 研究所 > 
  2. 臨床検査医学 > 
  3. 実験用ステレオ顕微鏡 > 
  4. Leica Microsystems/ライカ

実験用ステレオ顕微鏡 M60光学双眼LED

実験用ステレオ顕微鏡
実験用ステレオ顕微鏡
実験用ステレオ顕微鏡
実験用ステレオ顕微鏡
実験用ステレオ顕微鏡
実験用ステレオ顕微鏡
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

応用
実験用
種類
光学
エルゴノミクス
双眼
オプションとアクセサリー
LED

詳細

ルーチン実体顕微鏡 M50、M60、M80 検査、スクリーニング、観察、記録が簡単に 検査や記録を簡単、確実にこなし、環境変化にもフレキシブルに対応ライカ M シリーズ実体顕微鏡は、ライフサイエンスでも工業用途でも、様々な拡大観察ニーズに対応できる最適な選択肢です。 M50、M60、M80 のいずれも、大型試料の全体像を観察し、顕微鏡下で快適に観察と作業ができます。 利点 人間工学デザインが考慮された、各種アクセサリと照明で、ニーズに合わせたカスタマイズが可能 人間工学的設計により、快適な顕微鏡環境と生産性を向上 M50 のズームステップ変倍または M60、M80 のクリックストップを用いて、再現性の高い観察を可能にします。 コンパクトボディで高性能 M シリーズ実体顕微鏡は研究や品質検査など、あらゆる拡大観察に最適な設計がされています。 優れた解像度と深い焦点深度を併せ持つライカ光学系により、細部もクリアに観察できます。 試料のオーバービューから細部の観察に切り替えたときも、ピントを頻繁に合わせなおす必要がありません。ライカの同焦点光学系により、どの倍率でもピント面があった状態を維持します。 一目で観察 3 つの顕微鏡モデルはステップ変倍あるいは、クリックストップ機構付で、決まった倍率で繰り返し拡大観察ができます。電子部品の検査やモデル生物のスクリーニングのような反復作業でも、同じ倍率で観察でき、高い精度が得られます。 ズーム比 5:1 の M50 は 5 つの固定ズーム段階 6.3x、10x、16x、25x、40x を切替。100% 再現可能な結果が得られます。顕微鏡本体部がコンパクトで、照明効率が高く、作動距離が長くなり、小動物の解剖などに最適です。 ズーム比 6:1 の M60 は 6.3x ~ 40x の範囲で連続ズームが可能です。固定ズームでのクリックストップを備えているため、特定ズーム位置で、決まった倍率で観察ができます。このシステムは一目で広視野を観察するために最適化されています。 M80 はズーム比 8:1 で、総合倍率は 7.5x ~ 60x の連続ズームを提供。クリックストップ機能付で、再現性を高めることができます。高倍率でも最適なコントラストで細部が観察できます。

カタログ

Leica DMC2900
Leica DMC2900
6 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。