1. 研究所 > 
  2. 臨床検査医学 > 
  3. 医療顕微鏡モジュール > 
  4. Leica Microsystems/ライカ

医療顕微鏡モジュール EnVisuデジタルOCT(光干渉断層撮影)

医療顕微鏡モジュール
医療顕微鏡モジュール
医療顕微鏡モジュール
医療顕微鏡モジュール
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

応用
医療
種類
デジタル
方法
OCT(光干渉断層撮影)

詳細

未来を切り開く洞察力 前臨床研究者のための OCT イメージング Envisu R-Class 大容量・高密度・高解像度な画像で、病態を見逃さない。Envisu イメージガイド SDOCT システムでできること: 縦方向分解能サブ 2 µm の驚くべきフルボリュームイメージングで組織構造を詳細に観察することができます。 Bioptigen 技術の VHR、UHR および XHR 分光器ならではの、SN比が高い素晴らしい画像を取得することができます。 光学性能がクラス最高なだけでなく、非接触で画像を取得できるので、再現性のある縦断的研究が可能になります。 各種モデル動物に対応した専用ステージと多彩なレンズを取り揃えているので、目的に合わせて素早く優れた画像を取得することができます。 カラー眼底イメージングによる的確なガイダンス カラー眼底ガイダンスサポートが、素早く正確に対象エリアをイメージングします。OCT スキャンヘッドが組織のフル 3D 深度データを取得している間、内蔵の EnFace™ カラー眼底カメラが網膜と角膜の鮮明なフルカラー画像を表示します。 時間を節約:アライメント調整に時間がかからないので、実験処理能力が向上します。 より深部まで観察:表面の病態を素早く特定し、対象となる組織を深部まで調べるためのプロトコルを迅速に作成できます。 より詳細に観察:空間分解能の高さが、画像の精度を極限まで高めます。 効率的な画面表示:EnFace™ カメラが、素早く動物の眼球を画面に表示します。 高品質画像で残す:研究の成果を、鮮明かつ詳細な眼底画像で残すことができます。 全眼球を一度のスキャンで撮影 一度のスキャンで全眼球を一気に撮影できるのが、Envisu イメージガイド SDOCT システムの特徴です。微小な細部の 3D 組織ボリュームデータも 3 秒で取得可能。網膜の各層を高い分解能で詳細に観察することができるから、初期段階のマーカーも見逃しません。ライカの高密度 (HD)スキャンマネジメントシステムなら、データスキャンの設定をフルカスタマイズし、これまでに無い高画像濃度・高分解能ボクセルで、網膜を観察することが可能になります。 高い画像濃度で 1000 x 1000 x 1000 の HD データスキャン解析を行えます。 フルボリュームの Diver 8 層マウス網膜セグメンテーションソフトウェアを使用して、網膜の各層をセグメント化し、病態を早期に検知することができます。 OCT データに記録された眼底画像から、解析したい深度の画像を取りだし、フルボリュームデータセットを用いて画像取得後の解析を行うことができます。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。