キャピラリー電気泳動システム Capel-205
プロテイン用科学研究用環境分析用

キャピラリー電気泳動システム
キャピラリー電気泳動システム
キャピラリー電気泳動システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
キャピラリー
応用
プロテイン用, 科学研究用, 環境分析用, 食品産業用
設定
卓上

詳細

Capel-205 は高度の選択および設計の新世代のキャピラリー電気泳動システムです。その主な特徴は次のとおりです。 -オートサンプラーの容量を59ポジションまで拡張し、夜間分析を可能にしました。 -すべての溶液には、キャップを閉じた1.5mL容量の標準的な遠心式バイアル(エッペンドルフ型)を使用しています。 -特別に設計されたユニットは、使用直前に自動的にバイアルを開き、蒸発やあらゆる種類のクロスコンタミネーションを防ぐことができます。 -新しいHVブロックは最大+/-30kVの電圧を提供するため、分離効率が向上し、分析時間が短縮されます。 -内側のキャピラリ表面の状態を制御するユニットを内蔵しているため、特に複雑なマトリクスを持つサンプルを分析する際に、移行時間の再現性が大幅に向上します。 このように、Capel-205は研究開発や小規模分析だけでなく、1日に何十個ものサンプルを日常的に扱うお客様にとっても最適な選択となります。 運用の原則 高性能キャピラリー電気泳動は、電界によって駆動される狭い溶融シリカキャピラリー内で水性サンプルの成分を微分移動させることに基づいています。分離された溶質は、直接または間接的な紫外線吸収率に基づく高感度光学系により、キャピラリ出口で定量的に検出されます。 特徴と利点 拡張インストゥルメンタルオプション オートサンプラーの容量を最大59ポジションまで拡張 - 1ヶ月間に数百のサンプルを分析可能 バイアルキャップの取り外し - すべての溶液はオートサンプラー内で密閉されており、蒸発や二次汚染を防ぎます。 新しいHVブロックは+/-30 kVまでの電圧を提供します。

---

ビデオ

カタログ

Capel-205
Capel-205
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。