内視鏡用カメラヘッド Viron X
外科手術用デジタル4K解像度

内視鏡用カメラヘッド
内視鏡用カメラヘッド
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
内視鏡用, 外科手術用
技術
デジタル
解像度
4K解像度
その他の特徴
ステレオスコープ

詳細

Viron X System - 新たな次元の外科手術の精密さ Viron Xシステムは、すべての内視鏡手術を4K UHD並みの高画質で行うことができ、蛍光ガイド下手術にも使用できるユニバーサルプラットフォームです。タワーの切り替えや、別途蛍光イメージングシステムへの追加投資は必要ありません。同じシステムですべての手術に使用できます。 Viron Xは、最高級のHD白色光とNIR蛍光イメージングを組み合わせ、白色光画像をNIR画像でリアルタイムに補強します。HDRのハードウェアとソフトウェアは、最適なコントラスト、低反射、正しい奥行きを提供することで、標準的なモニターでの3D知覚を可能にします。また、白色光と近赤外光を切り替える必要がありません。このシステムは、ミュンヘンのLMUの外科医の指導のもとに開発されました。 Viron Xの特徴は以下のとおりです。 ボタンレスで直感的に操作できるカメラシステム。タブレット、キーボード、フットスイッチでの操作が可能。 腹腔鏡手術、子宮鏡手術、泌尿器科手術、関節鏡手術、耳鼻咽喉科手術、脊椎外科手術、ICG FGSなどの手術プログラムがあらかじめ選択されています。 他のシステムに切り替えたり、FGSタワーを追加購入する必要はありません。 UHD 4Kプラットフォーム ハイダイナミックレンジ。 蛍光画像がリアルタイムで白色光画像に増強されます。 ベスマックス機能により、血管の可視化が可能。 Viron Xは、以下の方法で手術の精度を高めます。 4Kディスプレイ技術を用いて、非常にシャープな画像を表示し、病理を見逃さない。 HDRの採用により、奥行き感と輝度の均一性が向上。これにより、外科医の疲労を軽減します。 10億色以上の色を表示することで、正確な色を再現。これにより、組織を正確に識別することができます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。