腹腔鏡鉗子 / 掴み用 / アリス型 / 穴あき

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
腹腔鏡鉗子 / 掴み用 / アリス型 / 穴あき 腹腔鏡鉗子 / 掴み用 / アリス型 / 穴あき
{{requestButtons}}

特徴

  • 用途:

    腹腔鏡

  • 医療処置:

    掴み用

  • タイプ:

    アリス型

  • その他の特徴:

    穴あき

詳細

器械は次の部品から成っている:

取り外し可能なハンドル
取り外し可能な管
器械の挿入物
容易なフランスのラチェット

能力を取り外しなさい:

従って器械は3つの部品-容易な分解から成っている
モジュラー構成は挿入物およびハンドルの自由な交換を促進する
器械の高価な蓄積無し• 最適のクリーニングおよび殺菌
処理:

自由な回転は、360°回転より多くの多様性を保障する
斜めHFの関係(めっきされる金)
人間工学的、容易でおよび精密な単一手の使用
Ø 3.0 mm、Ø 5.0 mm、およびØで利用できる10.0 mm
従って軽量-より大きい慰め

費用効果が大きい:

ラチェットのメカニズムの有無にかかわらずハンドル
従事させていることできるラチェットのメカニズム
十分にautoclavable
利用できる別の部品
傷つけられた部品の完全ではない器械だけ、取り替えられる必要性
多様性は少数の器械が要求されることを意味する

fenestrated鉗子をつかむALLIS

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)