クランプ鉗子 MZ-RFK, MZ-RFC組織内視鏡用外科用

クランプ鉗子
クランプ鉗子
クランプ鉗子
クランプ鉗子
クランプ鉗子
クランプ鉗子
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

用途
組織, クランプ, 内視鏡用, 外科用
医療処置
切除
タイプ
双極

詳細

双極性、二重回路、アブレーション、経壁 乾燥アブレーション、バイポーラアブレーション安全性、正確な外科的結果、組織インピーダンス変化の自動検出により、客観的な経壁情報を提供します。 ダブルループにより、電極温度が制御可能になり、組織が炭化するのを効果的に保護します。 平行クランプ設計により、組織が均一に押出され、経壁の一貫性が保証されます。 信号防止、人間工学に基づいたハンドル設計、クランプへのスムーズなテーパ、使いやすい。 開放胸術と内視鏡的低侵襲手術の両方で使用するように設計されています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。