核医学用ソフト InterView™ XP
可視化診断

核医学用ソフト
核医学用ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

用途
核医学用
機能
可視化, 診断

詳細

平面、SPECT、全身ソフトウェア 紹介 インタビュー™ XPは、時間に依存する臓器固有の無線医薬品空間分布の定量的および2D-3Dプレゼンテーションと、in-vivoバイオケミカルプロセスをサポートする核医療画像評価ワークステーションです。 システムは、よく知られているWindowsベースのユーザーフレンドリーなインターフェイスによって、MS Windows XP、ビスタ(32/64ビット)、およびWindows 7(32/64ビット)プラットフォームで動作します。 高解像度のトゥルーカラーディスプレイにより、マルチフォーマットの画像を優れた品質で表示できます。 システムの主な機能は、プルダウンメニュー構造でアクセスできます(図 1)。 必要に応じて、最も頻繁に使用される臨床手順は、いわゆるクイックアクセスバー、すなわちスタディ情報バーで利用できます(オプションメニュー項目/Fig.3./ で有効/非表示にすることができます)(図 2.)。 高度に自動化された評価手順は、臓器および収集モード(2D/3D、すなわち平面 / 図 4./ またはSPECT /図 5./)によってグループ化される。 各手順の評価ツールは、論理的なステップに分けられる臨床課題によって編成されています。 各ステップはワークブックのページに対応し、ユーザーは必要な変更/修正を行うためにステップ間を移動できます (図 6)。 プログラムは、必要な介入を伴って論理的なステップに沿ってユーザーを導きます。 評価手順のデフォルト値のほとんどは、ユーザー定義可能です (フィルタ、修正、再構築モード、パラメータ、向き、吹き飛ばし、パレットなど /Fig.7./)。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。