医療用減菌器 Plaster 30 C
プラズマ床置き低温

医療用減菌器
医療用減菌器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
医療用
滅菌手段
プラズマ
設置
床置き
機能
低温
温度域

最少: 0 °C (32 °F)

最大: 55 °C (131 °F)

容量

30 l (7.9 gal)

詳細

Med TeCo社のPLASTER 30 Cは、ロシアのポータブル万能低温プラズマ滅菌器です。 PLASTER 30 Cは、熱や機械的ストレスに敏感な幅広い医療機器やコンポーネント、滅菌しにくい狭いチャンネルを持つ機器、腹腔鏡や内視鏡の器具などを迅速かつ効果的に滅菌するのに役立ちます。 動作原理は、過酸化水素蒸気を用いた真空チャンバ内での殺菌プラズマ媒体の形成に基づいている。殺菌は、後続の低温プラズマ励起を伴う殺菌剤の蒸気中で行われる。 装置の目的 外科・歯科・衛生 複雑な内視鏡機器とその付属品の滅菌 金属、プラスチック、ガラス製の医療機器、および医療施設や治療施設で使用される熱伝導性、温度感応性のある材料で作られた医療機器の滅菌 動作原理 動作原理は、過酸化水素蒸気を用いた真空チャンバ内での殺菌プラズマ媒体の形成に基づいている。殺菌は、後続の低温プラズマ励起を伴う殺菌剤の蒸気中で行われる。 プラズマ滅菌:一般的な情報 過酸化水素滅菌は、最高温度55℃の乾燥した雰囲気で行われます。 プラズマ滅菌は、ほとんどの医療機器に普遍的な手順であり、複雑で高価な機器を効果的に滅菌することができます。 滅菌処理は特別な部屋を必要としません。 コスト面でのメリット:機器や消耗品のコストが適切であること、滅菌サイクルのコストが低いこと 人体の健康と環境保護

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。