研究室用浄水器 Aquinity² P35/70
逆浸透

研究室用浄水器
研究室用浄水器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
精製技術
逆浸透

詳細

アクィニティ²Pバージョンでは、脱イオン水を生産 します(2μS/cm/0.5モーム x cm未満、2μS/cm未満、タイプII18.2モームxcm、0.055μS/cm、タイプIの生産速度:最大10リットル/時間、オプションで20リットル/時 全有機炭素(TOC): 10ppb(試薬) 未満(ライフサイエンス) 未満)未満(分析)新しいシステムの利点 • コンパクトな筐体 • 大きなタッチスクリーン • リモートサービスモジュール • メニューとウィザード使いやすく、誤り回避 オプション ベンチ統合構成 (BI バージョン) 貴重なベンチトップスペースを節約するために、システムは BI 構成として注文することができます。 システムは作業ベンチの下に設置され、ディスプレイとディスペンサーのみが壁に取り付けられます。 ウォールマウント構成 貴重なベンチトップスペースを節約するために、システムはウォールマウント構成として注文することができます。システム全体を傾斜ディスプレイで壁にマウントすることができます。 TOC-モニタリング (TI版) 生産中のTOCモニタリングと不使用期間中の間欠測定により、水中の有機物を連続的にチェックすることができます。 TOC値は、1~999 ppbの間で測定され、有機不純物をモニタするためにディスプレイに表示することができます。 容積分ディスペン サーは、0.1Lのインクリメントと0.1〜99Lのタップボリュームで水の容積制御分配を可能にします。システムは、容器のオーバーフローを防止し、監督することなく水を分配することを可能にします。 Aquinity2 P35/70 システムには、10 L/hの生産速度で、外部ストレージレセルボア (35 L または 70 L) に脱イオン水 (DI 水) を生成するための逆浸透 (RO) とコンディショニングモジュールが装備されており、直接タップDI水にアクセスできます。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

membraPureの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。