研究室用ピペッター ロボット Liquidator™ 96 series
ELISA

研究室用ピペッター ロボット
研究室用ピペッター ロボット
研究室用ピペッター ロボット
研究室用ピペッター ロボット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, ELISA

詳細

96ウェルを同時にピペッティングすることにより、ELISA、細胞アッセイ、qPCR、タンパク質結晶化などの微量のピペット操作を必要とするアプリケーションを簡素化します。メトラー・トレドが提供するLiquidator 96は優れた正確性と精度を備え、96または384のどちらのウェルプレートのアプリケーションも効率化します。小型で電源が不要、0.5~20μLと5~200μLの2つの容量モデルがあります。さらに、Liquidator 96は手動装置なので操作が簡単で、ほぼトレーニングの必要もありません。 レイニン Liquidator 96のデモをご覧ください レイニンのリクイデーターは20µL用と200µL用があり、簡単に高速で正確な操作ができます。ラボ全体のワークフローに沿ったハイスループットピペッティングと研究者の作業内容の理解をもとに、レイニンのリクイデーターは優れた人間工学に基づいて設計され、最高の正確性と精度をトレーニングの必要もほぼなしに提供します。 時間の節約 シングルチャンネルやマルチチャンネルのピペットを使用して96ウェルプレートでのアッセイを行うと、退屈で時間のかかる作業になりがちです。リクイデーターは96ウェルプレートを6秒ほどで処理するので、データの品質を犠牲にせず、データ分析や仮説の組み立てなどのもっと重要な作業に時間をかけることができます。 エラーの減少 シングルチャンネルピペットやマルチチャンネルピペットを使用すると、qPCR、ELISAなどプレートベースの実験で列やウェルを飛ばしたり繰り返したりするリスクが著しく高くなります。Liquidator 96は96ウェルに同時に充填することにより、このようなリスクを排除します。 わずか0.5 µLのピペット 20μLの低容量モデルのリクイデーターは容量範囲が0.5~20µLとなっており、96ウェルプロトコルの範囲を拡大することができます。優れた人間工学に基づき、長期的に簡単に使用できるように設計されたリクイデーター20µLおよび200µLは、最高の正確性と精度を実現可能な仕様をお届けします。 スピードと汎用性が向上 Liquidator 20µLおよび200µLはトレーニングの必要がほぼない手動装置なので、すぐに実験に役立てることができ、ラボの誰でも使用することができます。200µLモデルの容量範囲は5~200μLで、ELISAなどの実験に最適です。わずか0.5μLにも対応可能な20μLモデルは、qPCRなどのアプリケーションを効率化できます。

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Mettler Toledoの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。