自動角膜計 PalmScan K2000
超音波式生体計測装置手持ち型

自動角膜計
自動角膜計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
自動角膜計, 超音波式生体計測装置
エルゴノミクス
手持ち型

詳細

PalmScan手持ち型USB Keratometerは中央3つのmmの位置で角膜の前方の表面の湾曲を測定する。 多数スキャンは取られ、結果の平均は報告される。 正しい間隔の自動的に捕獲 自動Keratometer世界の最初USBを導入する 特徴 速い測定 Palmscan USBが付いているインターフェイスは容易なIOLの計算のためにスキャンする 16ポイントKeratometry WiFi及びBluetoothの印刷 PDF及びEMRのExportability 造固定ライト 利点 次のcorneal変数は測定され、下記のように表示される: 急で、平らなCurvaturein Diaptors (K1、K2) 急で、平らなCurvaturein Diaptors (R1、R2) 手術室に運ぶことができる 小児科及び獣医の使用のために大きい 程度の急で、平らな軸線 総乱視 標準偏差 「もし使用するならPalmScan USBと共に、それ自動的に移すIOLの計算機に結果をスキャンしなさい PalmScan手持ち型USB Keratometer 中央3つのmmの位置で角膜の前方の表面の湾曲を測定する。 多数スキャンは取られ、結果の平均は報告される。 単位が患者の目からの正しい間隔にあれば自動的に捕獲する。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。