足根骨関節固定圧縮骨ねじ VCA
ヘッドなし子供用金属製

足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
足根骨関節固定圧縮骨ねじ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
足根骨関節固定
ねじの特徴
ヘッドなし
患者のタイプ
子供用
素材
金属製
骨の部位
スポンジ状

詳細

表示 高プロネーション足と不安定な距骨下関節。 利点 簡単挿入 変形していない遠藤洞タルシ構造 2つの直径 容易な取り外し VCAネジは、ステンレススチールとチタン製の大小2サイズ、Ø6mmとØ8mmをご用意しています。 昇降とラテラル 円錐形のスクリューは、距骨の側面化と隆起を可能にするため、バイオメカニクス的な利点があります。 変形していない遠藤洞タルシ構造 内側副鼻腔ターシャ関節再建術が行われます。その結果、内反副鼻腔ターシャのすべての構造は変更されません。 簡単な除去 専用ドライバーは、ネジにロックする部分が内蔵されているので、取り外しが簡単です。 ステリライザシオン VCA スクリューはラベルに記載されているように無菌状態で提供されます。 本製品は、以下のガイドラインに沿ったオートクレーブ滅菌(飽和蒸気)を推奨します。 温度: 135° 圧力: 2 atm温度: 135° 圧力: 2 atm 露出時間: 45 分 ミカイでは、EtOなどの低温殺菌は推奨していません。 表示方法 子供の扁平足は2つに分けられます。一つ目は 最も代表的なものは、すべてのフラットフットケースを含みます。 矯正治療が必要な機能障害を伴うもの は、物理療法に関連して、変形を改善することができます。 第二のグループは、はるかに小さいですが、これらの患者を指します。 発達異常が進行して悪化するところ 重要になる後続の機能障害を伴う 思春期・成人期 手術が適応となるのはこの第二のカテゴリーです。 円錐型VCAスクリューは、すべての場合に適応となります。 仕様 小径Ø6.5mmと大径の2種類のサイズがあります。 直径Ø 8mm レギュラーで利用可能

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。