スクリュータイプ C1
チタン製円錐形

スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
スクリュータイプ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
円錐形
素材
チタン製
接合部
円錐形
直径

最大: 5 mm (0.2 in)

最少: 3.3 mm (0.13 in)

長さ

最大: 16 mm (0.63 in)

最少: 8 mm (0.31 in)

詳細

C1 コニカル接続インプラント C1インプラントは、MISコニカルコネクションインプラントの中でも強力な存在であり、あらゆる臨床適応症に対応する多目的ソリューションを提供します。このシンプルで正確で実績のあるインプラントシステムは、コニカル接続で設計されており、生物学的な利点と臨床的・審美的な結果を最適化します。 MISの総合的な円錐形接続ソリューションが提供します。 一貫した補綴液が1つ。 外科用キット 1つのドリリングプロトコール。 C1インプラントシステムとV3インプラントシステムの2つのユニークな形状により、最適なインプラントの統合と骨の成長を実現します。 利点 骨の保存 C1インプラントは、プラットフォームスイッチ設計コンセプトを採用しています。プラットフォームスイッチを採用したインプラントは、プラットフォームスイッチを採用していないインプラントに比べて骨の損失が少なく、軟部組織の温存と成長につながる可能性があることが示されています。インプラントネックのマイクロリングは、胸部のBIC(Bone-to-Implant-Contact)を向上させ、皮質骨への圧力を軽減してインプラントネックでの吸収を最小限に抑えるように設計されています。 究極のシール C1は、アバットメントとインプラントの間に確実にフィットする12度の円錐形の接続を特徴としています。C1は微小な動きを最小限に抑え、胸部レベルでの骨の損失を軽減します。円錐状の接続部には6つの位置にコーンインデックスがあり、挿入時のインプラントの方向付けやアバットメントを適切な位置に配置するのに役立ちます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。