制御モニター MOORVMS-PRES
圧力血圧計アームバンド用卓上

制御モニター
制御モニター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定対象
制御, 圧力
応用
血圧計アームバンド用
形状
卓上

詳細

圧力カフプロトコルの再現性と信頼性は、従来、手動で管理することが困難であり、解析には通常時間がかかるものでした。moorVMS-PRES圧力カフコントローラは、これらの問題を克服するために特別に設計されており、日常的な血管の課題に対して再現性の高い完全自動の圧力カフコントロールを提供します。流量変化に対する感度を向上させたmoorVMS-LDFレーザードップラーモニターおよびmoorVMS-PCソフトウェアと組み合わせることにより、このパッケージは、真の単一オペレータ制御によるプロトコル管理、解析およびレポート作成のための強力なソリューションを提供します。 moorVMS-PRESの特徴 カフの膨張、目標圧、保持時間、収縮のパターンをすべて1回のキー操作で完全自動化。 標準圧力プロトコルは以下の通りです。 足指血圧(TBP) 皮膚灌流圧(SPP) 閉塞後反応性高血圧(PORH) 脈拍体積記録(PVR) 足関節上腕血圧比(ABPI) 閉塞後反応性高血圧症には急速収縮、収縮期血圧の評価には緩やかな直線収縮。 指から大腿部までのさまざまなカフがあり、すべてクイックフィット、気密性の高い圧力コネクターを備えています。 レーザードップラーモニター、イメージャー、その他の流量検出技術をすでにお持ちの場合は、単独で使用することができます。 モニター、イオントフォレーシス、スキンヒーティングモジュールを使って、理想的なプロトコルパッケージを構築することができる柔軟性を備えています。 高品質、メディカルグレードのデザインで、3年間の保証を標準装備しています。

---

カタログ

moorVMS-VASC
moorVMS-VASC
4 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。