1. 歯科関連
  2. 歯科診療
  3. 診断用モニター
  4. Nanjing Jusha Display Technology

診断用モニター C1210G
放射線科用マンモグラフィー歯科

診断用モニター
診断用モニター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
診断用, 放射線科用, マンモグラフィー, 歯科
解像度
高解像度
画面の大きさ
31インチ
技術
LCD
オプション
高輝度, 反射防止
画像フォーマット
3:2
入力
HDMI(高精細度マルチメディアインターフェース)
輝度(cd/m²)

1,200 cd

応答時間

14 ms

消費電力

150 W, 180 W

視野角

178 °

重量

17.6 kg, 24.1 kg
(38.8 lb, 53.1 lb)

500 mm, 589 mm, 654 mm
(19.7 in, 23.2 in, 25.7 in)

高さ

86.8 mm, 245 mm
(3.4 in, 9.6 in)

詳細

12MPデュアルスクリーン医療用カラーモニター。シームレスなデュアルスクリーン、フルスクリーンユニフォミティ、16ビットと3D LUT、10ビットの色深度により、医療用画像は正確で一貫しています。電動回転式フロントセンサーとJusha QAソフトウェアが、長期にわたる品質を保証します。その他のショートカットは、ユーザーの生産性を向上させます。 1.フルスクリーンユニフォミティ ピクセル単位の全画面輝度均一性キャリブレーションにより、液晶パネルの特性に起因する異なる画面領域の輝度差や色温度差を効果的に低減することができます。画面全体のどの領域もDICOM規格に適合するようにすることで、診断ミスや誤判定を大幅に減らすことができます。 2.QAソフトウェア「Jusha Qualitas Jushaが自社開発したQAソフトウェアは、IT管理者がローカルおよびリモートでDICOMチェックとキャリブレーションを行うのに役立ちます。スケジュールタスク、組み込みQA、集中機器管理、その他多くの機能は、簡単かつ直感的に操作することができます。 3.人体検知 人体検知機能は、人がいないときにモニターの電源を切ります。これによりモニターの寿命が延び、省エネにもつながります。 4.電動回転式フロントセンサー 目に見えない電動回転式フロントセンサーは、ディスプレイ前面のスクリーン対ボディ比を最大化し、実用性と快適性の完璧なバランスを追求しています。 5.放射線・病理モード さまざまなアプリケーションシナリオに対応する正確なディスプレイキャリブレーションカーブを設定することで、診断をより迅速かつ正確に行い、病理学的検出をより効率的に行うことができます。1台のモニターで放射線モードと病理モードの異なる基準を満たすことができます。

---

ビデオ

カタログ

C1210G
C1210G
2 ページ

Nanjing Jusha Display Technologyのその他の関連商品

Medical Displays Solutions

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。