EEG患者モニター NEUROMONITOR
集中治療用キャスター付きタッチパネル付

EEG患者モニター
EEG患者モニター
EEG患者モニター
EEG患者モニター
EEG患者モニター
EEG患者モニター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定可能パラメータ
EEG
応用
集中治療用
構成
キャスター付き
その他の特徴
タッチパネル付

詳細

タッチスクリーンインターフェースを備えた大脳機能モニター 主な特徴。 使いやすく便利:タッチスクリーンインターフェースを備えたオールインワンソリューション。 臨床応用:脳機能異常の疑い、低酸素性虚血性脳症(HIE)。 病理的な脳波パターンの自動選択。 同期ビデオ録画 8+」チャンネルのEEGシステム。 使いやすくて便利 モニタリングを開始するには、患者の頭に 4 つの電極を置き、装置のスクリーンで複数のボタンに触れて下さい。ユーザー フレンドリーなタッチスクリーン インターフェイスはキーボードおよびマウスを使用しないで装置を制御することを可能にします。システムはスムーズに動くトロリーに設置されているので、他の病棟への移動や往復が簡単に行えます。 ニューロモニターは集中治療室のスタッフであれば、長期の特別な訓練を受けなくても操作することができます。 臨床応用 今日では多くの新生児にCFMが必要とされています。医療が発達している国では、脳機能異常の疑いの少ない新生児はすべてモニタリングしなければなりません。このような異常は、遺伝や妊娠・出産の合併症の結果である可能性があります。 国の勧告やガイドラインの中には、低酸素虚血性脳症の新生児にCFM検査を義務づけ、無症候性のてんかん活動を検出するものもあります。 病的脳波パターンの自動選択

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。