経頭蓋磁気刺激装置 NEURO-MSX DIAGNOSTIC

経頭蓋磁気刺激装置
経頭蓋磁気刺激装置
経頭蓋磁気刺激装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

詳細

新世代の経頭蓋磁気刺激装置 主な特徴 - 中枢・末梢運動経路の評価 - 神経疾患の診断 - ほとんどのEMGシステムと互換性があります - 多種多様なコイル 説明 中枢・末梢運動経路の評価 磁気刺激は、中枢および末梢の運動経路の評価に有効であることが証明されています。刺激装置で発生した交番磁界は、衣服、皮膚、頭皮、骨、髄膜を容易に通過します。中枢・末梢神経系の導電性組織に到達すると、この磁界は交流電場を形成し、電気刺激時と同様にニューロンを活性化させる電流を誘導する。しかし、電気刺激と比較すると、磁気刺激は、電極の下の皮膚受容体の活性化に起因して通常発生する痛みを伴う感覚を引き起こさず、追加の準備時間を必要としない。刺激中にEMGシステムを使用すると、それらのニューロンによって神経支配された筋肉からの運動誘発電位(MEP)を記録することができる。この原理は、中枢運動伝導時間、皮質サイレント期間などの様々な診断テストの基礎となっています。 神経疾患の診断 Neuro-MSX磁気刺激装置は、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、運動障害、運動ニューロン疾患、脊髄損傷を含む様々な神経疾患の早期診断、評価、予後、モニタリングに重要な中枢および末梢の運動経路を迅速かつ無痛で研究することができます。

---

カタログ

Neuro-MSX
Neuro-MSX
7 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。