video corpo

3チャネル心電計 / デジタル / プリンター付き
Cardiofax C

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
3チャネル心電計 / デジタル / プリンター付き 3チャネル心電計 / デジタル / プリンター付き - Cardiofax C
{{requestButtons}}

特徴

  • チャネル数:

    3チャネル

  • 技術:

    デジタル

  • オプション:

    プリンター付き

詳細

信頼性の高い診断に容易にアクセスできる
日本コーデンのCardiofax C心電計は、ECG診断の日々のルーチンをサポートし、信頼性の高い診断のための高レベルの分析を提供するように設計されています。 心臓ファックスCは、日本コーデンECG分析プログラムECAPS 12Cを使用しています。 アクティブ・ノイズ抑制機能を備えた約200件の所見で、12ピンECGの収集と分析を同時に行えます。 正確なデータは、迅速な診断をサポートします。

4.8'の角度表示により、記録前に一目で12リード波形を確認できます。 Cardiofax CにはLANが内蔵されており、紙ベースのワークフローとペーパーレスのワークフローをサポートしています。波形と解析結果をPCに転送してレビューできます。 Cardiofax Cの軽量でコンパクトな設計と長時間のバッテリ動作により、日常のワークフローで高いモビリティをサポートします。
ワークフローのサポート
:4.8'の傾斜表示により、12ピンのECGリアルタイム波形とデータをより簡単に表示できます。 プレビュー機能により、2.8秒の12ピン波形や解析結果を記録(3チャンネル)前に確認することができます。
電子録音:最大40個のECGファイルを内部メモリに保存でき、外部SDメモリカードには約3,000個のECGファイルを保存できます。 さらに、ECGデータは、有線LANを使用してPCに転送することができます。 ECGデータは、日本コーデンのオプションのECGデータ管理ソフトウェアpolaris.oneとPC上で確認・比較することができます。 ペーパーレスECG管理により、時間とコストを節約できます。
ワークフローの強化:バーコードまたは磁気カードリーダをサポートし、患者IDの入力時間を節約するだけでなく、潜在的なデータ入力エラーを低減します。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)