研究所用ソフト NIS-Elements
デジタル顕微鏡用分析可視化

研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
研究所用ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
研究所用, デジタル顕微鏡用
機能
分析, 可視化, 記録用, 画像取込, 実習用, 航海用
医療施設
研究用

詳細

研究を支えるトータルイメージングソリューション NIS-Elementsは、科学の発展とともに変化し続ける研究ニーズにも柔軟に対応し、最適な機能へと拡張できるソフトウェアプラットフォームです。そのアップグレードの容易さと、簡単で解り易い操作性から、世代を選ばず多くの研究者たちにご使用頂いております。 実験から最大限の成果を引き出す。 ニコンは、全ての研究者が顕微鏡システムの性能を最大限に利用して画像取得できることを目指しました。需要の高まりに応えて、生命現象の解明に必要となる高速タイムラプスイメージングの実現に取り組み、なかでもNIS-Elementsはシャッター、ステージ駆動、Zシリーズ、フォーカス維持などの周辺機器の高精度で安定した制御を担っています。 一つのソフトウェアですべてのイメージングシステムに対応。 ニコンは、一つのソフトウェアプラットフォームですべての顕微鏡システムに対応できることが極めて重要だと確信に至りました。NIS-Elementsは、落射蛍光観察、共焦点観察、超解像観察のいずれのイメージングモードにも、同一のインターフェース、制御方法、ワークフロー、機能名で使用できます。一つのソフトウェアに慣れるだけで、のちの研究で他のイメージングモードが必要になった場合でも、システムを簡単に切り替えることができます。異なる顕微鏡システムで取得した画像データも、簡単に組み合わせて解析できるため、研究の方向性、そして可能性を広げることができます。 研究の発展とともに進化する。 NIS-Elementsは研究ニーズの変化と共に絶え間なく進化を続けています。NIS-Elementsを使用すれば、ディテクターのアップグレードや追加、光源の変更、共焦点レーザー顕微鏡システムの追加、高スループット機能の搭載など、顕微鏡システムを拡張し続けることが可能です。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。