加熱オーブン MF series
研究室用マッフル真空

加熱オーブン
加熱オーブン
加熱オーブン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
加熱
応用
研究室用
タイプ
マッフル, 真空
使用素材
セラミック製
形態
卓上
温度域

最大: 1,300 °C (2,372 °F)

最少: 1,100 °C (2,012 °F)

容量

6.3 l, 7 l, 10 l (1.7 gal)

詳細

MF シリーズ汎用炉は、金属、セラミック、食品、宝飾品、歯科など、さまざまな分野での幅広い用途に理想的な設計です。 セラミックチューブにコイル状に巻かれた発熱体により、優れた温度均一性と高速加熱を実現しました。これを補強するために、高級繊維の断熱材を使用し、内側と外側の本体の間にエアギャップを設け、高温の表面からユーザーを保護しています。 多段階制御やランプ制御など、多彩な制御システムを用意しています。PID温度制御で設定値と実際の値を表示します。過熱の可能性がある場合にはアラームとオートカットアウトが作動し、ドアが開くとスイッチが自動的に電源をカットします。 - 1.100℃用、1.200℃用、1.300℃用の4種類。 - チャンバーは真空ファイバーボードと耐火レンガで作られています。 - セラミック管の周りにコイル状の発熱体を配置し、チャンバーの両側に配置。 - 非常に良好な温度均一性と高速加熱。 - ファイバーボード製の高級断熱材。 - 低い外体温度。 - 断熱室と外胴の間にエアギャップを設けたダブルエンベロープ設計で外胴を低温に保つ。 - 上向きに開くカウンターバランス式のフタで、扉の熱面を作業者から遠ざけ、安全で簡単に出し入れができます。 - 扉を開けるとヒーターへの電源を遮断する安全スイッチ。 - 運転中に発生する蒸気を排出するための煙突。 - 実際の温度と設定温度を表示するPIDマイクロプロセッサー制御システム。 - 2段階または6段階の制御システムをオプションでご用意しています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Nüveの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。