紫外-可視-赤外分光光度計用光源 DH-2000-BAL
ハロゲン重水素

紫外-可視-赤外分光光度計用光源
紫外-可視-赤外分光光度計用光源
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
紫外-可視-赤外分光光度計用
光源
ハロゲン重水素

詳細

DH-2000-BALは世界で唯一のバランスの取れた重水素ハロゲン源です。 革新的なフィルタリング技術を使用して、全範囲にわたって滑らかなスペクトルを生成します。 この同じ技術は、可視領域のアルファ重水素ラインを排除します。 重水素ランプとハロゲンランプを組み合わせることで、DH-2000は柔軟で、異なるスペクトル領域に複数の特徴を持つサンプルの測定や、ラボのさまざまな異なるサンプルの分析に最適です。 すべての重水素ソースはアルファ線を有し、655nmを中心とした鋭いスペクトル特徴である。 この特徴および他の重水素ラインは、重水素およびハロゲン源に「アンバランス」出力を生成する。 分光器の積分時間を調整してアルファラインを抑制するだけでは、UV 波長におけるシステムの効率が大幅に低下し、信号対雑音性能が低下するため、問題は解決しません。 重水素源のD-アルファ、D-ベータ、フルチャーのラインを排除する独自の内部ミラーとフィルターのシステムであり、波長範囲全体にわたって「滑らかな」スペクトルを生成し、飽和に関連する問題を排除します。 これに対して、ほとんどの組み合わせUV-NIR ソースは相対強度に対してのみ調整できます。 DH-2000-BALのすべてのモデルには交換が簡単な電球が含まれており、ランプの交換が迅速に行えます。

---

カタログ

Light Sources
Light Sources
20 ページ
Spectrometers
Spectrometers
58 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。