ガスクロマトグラフィー システム FBA 5320

ガスクロマトグラフィー システム
ガスクロマトグラフィー システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ガス

詳細

OI Analytical の FBA 5320 を使用して、液体プロパンまたは液体ブタンのプロセス ストリーム サンプル中の低ppm (parts per million) 範囲の総フッ素系汚染物質を正確に定量します。 概要 OI Analytical FBA 5320 は、液体プロパンまたは液体ブタン プロセス ストリームのサンプル中の総フッ素系汚染物質を定量するように設計された実験室用フッ素系副生成物分析装置 (FBA) です。この分析装置は、サンプル導入用の自動液体サンプリングバルブ、パックインレット注入ポート、ステンレススチールカラム、およびフッ化物検出用に構成された 5320 電気伝導度検出器 (ELCD) を装備した Agilent 7890 ガスクロマトグラフ (GC) をベースにしています。FBA 5320は、低百万分の一(ppm)の範囲の総フッ化物濃度を正確に検出します。 動作原理 自動液体サンプリングバルブは、2μLのLPGサンプルのアリコートを、GCオーブン内で100℃に維持された1/16インチ外径×長さ55フィートのステンレススチールカラムに注入します。GCカラムから溶出したフッ化物化合物は、GC検出器ポートに設置された高温反応器のベースに入ります。この化合物はニッケル反応管内で触媒的にイオン化可能なHFガスに変換されます。 HFアルキル化 フッ化水素の (HF) アルキル化プロセスは触媒的に C3 - C5 オレフィンをイソブタンと結合させ、モーター燃料のアルキル酸塩を作り出すために 1.The アルキル酸塩のための増加する要求が無鉛および改質されたガソリンのための低硫黄の、高オクタンの混合の部品として特性のためにあります。このプロセスの生成物、プロパン、ブタン、アルキル酸塩には、微量のHFと有機フッ化物の副生成物が含まれています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OI Analyticalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。