GCクロマトグラフィー システム 326437
水の分析用揮発性有機化合物

GCクロマトグラフィー システム
GCクロマトグラフィー システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
GC
用途
水の分析用, 揮発性有機化合物

詳細

OI Analytical の USEPA 法に基づいた水中、土壌、固体中の揮発性有機化合物(VOC)分析用の事前設定済みシステムを使用することで、GC ベースのソリューションを探す時間を節約できます。当社の専門知識を活用して、お客様の研究室のニーズに合った装置をカスタマイズしてください。 概要 System VOCは、新しい4760 Eclipseパージ&トラップサンプル濃縮器、低死容積インジェクター、Agilent® Technologies 6890 GC、およびオプションのオートサンプラーを組み合わせた完全なGCパッケージです。システムVOCには、USEPAメソッド601/602および502.2で検出されたハロゲン化合物および芳香族化合物を分析するためのタンデムPID/ELCDも搭載されています。 システムVOCの主な用途は以下の通りです。USEPAメソッド502.2、503.1、601、602、8010、および8021、ISO15009および15680、標準メソッド6200C、ハロカーボン、芳香族およびオレフィン、溶剤、および有害廃棄物。 VOC分析システムの特徴 事前に設定されたパッケージには、分析に必要なすべてのハードウェアが含まれています。Agilent GC、OI Analytical モデル 4760 パージアンドトラップサンプル濃縮器、モデル 5350 タンデム PID/ELCD、カラム、標準器 サンプル濃縮装置には、内蔵のサイクロン水管理、急速トラップの加熱と冷却、Silcosteelサンプル経路、独自の保護用スパージフィルター設計、オプションの赤外線スパージサンプルヒーターが搭載されており、サンプル回収率を向上させることができます。 タンデムPID/ELCDは1つの検出器ポートのみを使用し、最大4つの検出器を取り付けることができます。 ELCDの特徴は、迅速な反応器設計、クイックチェンジ可能な使い捨て樹脂カートリッジ、デジタル制御 PIDは非常に低いベースラインノイズを示します。 MSシステムには、6890 Plus GCを搭載した現行のAgilent GC/MSハードウェアが含まれています。 キャピラリーカラムの選択 オプションの自動pH測定

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OI Analyticalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。