GCクロマトグラフィー システム
食品産業用環境分析用

GCクロマトグラフィー システム
GCクロマトグラフィー システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
GC
用途
食品産業用, 環境分析用

詳細

農薬分析にお困りですか?OI Analytical の農薬分析システムは、食品や環境サンプルの多目的かつカスタマイズされた検出ソリューションを提供します。 概要 当社の社内エキスパートは、総合的な農薬分析において16年以上の経験を有しており、当社の最高級の農薬分析機器がそれを証明しています。サンプル抽出物を濃縮する蒸発システムから、有機塩素系、有機リン系、有機硫黄系農薬を選択的に検出する農薬分析システムまで、当社のチームはお客様のためのソリューションをご用意しています。 農薬分析機能。 有機塩素系・有機リン系農薬の検出器の選択(ELCD、XSD™、PFPD 事前に設定されたパッケージには、解析に必要なすべてのハードウェアが含まれています。 すべてのインジェクターとディテクターに電子流量制御を含む 完全に統合されているため、簡単に使用でき、結果の正確性を確保することができます。 特定のアプリケーションの要件に応じてカスタマイズされたシステムが利用可能 ELCD は窒素または硫黄モードの間で転換します システムには、適切な基準または方法を用いた設置と起動が含まれています。 リンおよび硫黄含有農薬用のモデル 5320 ELCD、モデル 5360 XSD™、またはモデル 5383 PFPD で使用可能 残留農薬分析には、質量分析と結合したガスクロマトグラフィー(GC-MS)が好まれています。それにもかかわらず、選択的GC検出器をMS検出器と併用することには大きな利点があります。食品や環境試料の抽出物には、残留農薬と一緒に抽出された有機成分の複雑な混合物が含まれていることがよくあります。これらの共抽出されたマトリックスの干渉により、残留農薬の同定と確認が困難になることがあります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OI Analyticalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。