研究室用チューブラベル貼付機 olpaso.1
自動バーコード用

研究室用チューブラベル貼付機
研究室用チューブラベル貼付機
研究室用チューブラベル貼付機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用チューブ
使用方法
自動
ラベルの種類
バーコード用

詳細

一度に8種類のチューブをセットでき、合計で800本以上のチューブをストックできます。 トレイの取り出し・戻し位置を前面に配置し、使いやすさを追求しました。 トレイスタックユニットを標準装備した、コンパクトなオールインワン試験管ラベリングシステムです。 プレラベル検知機能 プレラベルの端を検知し、その上に印刷ラベルを貼り付けることができます。 バーコードチェック バーコードスキャナで貼り付けたラベルのバーコードをチェックします。 プライオリティチューブ作成 通常の発行もトレイスタックに送り、優先患者トレイを前面に排出することができます。仕様 適用試験管 - 直径12~18mm、長さ75~110mm - ゴム、フィルム、プラスチック、ノンクロージャータイプのチューブに対応。 - 4本の試験管を処理する場合、16秒/患者 試験管容量 - 最大8種類 - 最大100本/1種類 トレイ容量 - 空のトレイスタック:最大最大30枚(OLPASO1) - プレパラートレイスタック:最大20段20枚(オルパソ1) - 用意されたトレイの待機状態(スタックなし):最大3トレイ3トレイ プリント方式 - ダイレクトサーマル プリントドット密度 - 12ドット/mm 印字可能項目 - 文字。英数字、カナ、漢字(明朝体、ゴシック体)、ハングル、中国語 - バーコードNw7(Codabar)、Code39、Code128、2of5、Jan、QR、その他

---

カタログ

olpaso.1
olpaso.1
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。