1. 研究室 > 
  2. 臨床検査医学 > 
  3. 細胞構造画像ソフト > 
  4. Olympus Microscopy Europa/オリンパス

細胞構造画像ソフト CKX-CCSW
分析測定用

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

用途
細胞構造画像
機能
分析, 測定用

詳細

細胞数/密度を測定する生物分野向けのソフトウェアです。顕微鏡システム、デジタルカメラとの連携により非染色の細胞を生きたまま測定することができます。測定結果は画像と共にCSVファイルにて保存ができ、過去の結果との比較やミーティングなどでの振り返りに利用できます。 非染色で細胞数や密度を測定 従来は培養細胞の数や密度を測定するためには、蛍光などの染色が必要とされてきました。CKX-CCSWではオリンパス独自のアルゴリズムを採用し、培養細胞の数や密度を非染色で測定することが可能です。測定を行うために別途染色した細胞を用意することなく、非染色のまま位相差観察像を取得するだけで細胞数や密度を測定することができます。特に再生医療研究で使用される細胞は非染色で取り扱われるケースが多く、CKX-CCSWを使用することで、細胞に対する影響を抑えた測定を行うことができます。継代するタイミングの推測や、投与する薬剤の量を見積もる際に有用です。 コンタミネーションのリスクを低減 CKX-CCSWでは培養容器の底面に培養されている細胞の画像を用いて細胞数や密度を測定するため、剥離を行うなどの作業が不要です。容器の蓋をあける必要がないので外気に触れることにより発生するコンタミネーションのリスクを低減します。 簡単操作で素早く測定 培養細胞は温度や二酸化炭素濃度など細胞にとって最適な環境に設定されたインキュベーター内で培養されます。観察や測定などインキュベーターの外に持ち出して作業する場合はすばやく行う必要があります。CKX-CCSWでは測定パラメータの設定や測定を簡単に行えるようGUIをデザインしました。そのため大量の培養細胞を測定する場面でも、素早くインキュベーターへ戻すことができます。 定量的な測定結果 CKX-CCSWでは培養細胞の細胞数や細胞密度の測定を、目視による感覚的な推定から、ばらつきの少ない定量的な測定へと変化させます。測定結果はCSVファイルとしてテキスト出力が可能で、別条件の培養細胞との比較や、ミーティングなどでの振り返りに利用できます。またオーバーレイされた測定画像やオリジナルの画像も保存することができます。

カタログ

Olympus Microscopy Europaのその他の関連商品

Cell Culture Solutions

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。