硝子体切除装置 Pulsar² ESP
水晶体乳化装置結晶残渣用吸引ポンプ

硝子体切除装置
硝子体切除装置
硝子体切除装置
硝子体切除装置
硝子体切除装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

装置の種類
硝子体切除装置, 水晶体乳化装置, 結晶残渣用吸引ポンプ

詳細

コンパクトで安全、かつ汎用性の高いパルサー2ESPは、モジュラー型手術ワークステーションの中でも優れたソリューションです。 パルサー2ESPの流体工学は、独自の使い捨てI/AカセットEasySysによって管理されるダブル・ポンプ・システム(蠕動およびベンチュリー)をベースにしています。ユーザーは手術のどの段階でも、自分のニーズに最も適したポンプ・タイプを選択することができます。 パルサー2ESPは、特許取得済みのミニマル・ストレス・テクノロジーを搭載しており、先端部の伸びをリアルタイムで制御するだけでなく、白内障手術中に放出されるエネルギー量を可能な限り最適化し、その質を高め、患者にとって最高レベルの安全性を確保します。 パルサー2ESPは、広い視野角を持つタッチスクリーンを採用しています。シンプルで直感的なグラフィックにより、手術の全フェーズを管理し、カスタマイズしたプログラムを作成・保存することができます。 Pulsar2ESPソフトウェアは、USB経由で素早く簡単にアップデートすることができます。 本体には、以下の基本機能が搭載されています。 イリゲーション 吸引 乳化吸引 前方および後方硝子体手術(切断速度60~2,500回/分、Twedge™テクノロジーでは120~5,000回/分) ジアテルミー VITモジュールを使用することで、以下の機能が追加されます。 空気注入 粘性流体の注入 空気圧式ハサミ 照明(キセノンHID光源) ソフトウェアでプログラム可能なダブルリニアペダルにより、装置の全機能を制御することができます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。