線維柱帯形成術用レーザー / Nd:YAG / 卓上 / ナノセカンド
OptoSLT M

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
線維柱帯形成術用レーザー 線維柱帯形成術用レーザー - OptoSLT M
{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    線維柱帯形成術用

  • 増幅媒体:

    Nd:YAG

  • エルゴノミクス:

    卓上

  • パルス幅:

    ナノセカンド

  • 波長:

    532 nm

詳細

レーザー光は、
主として効果的な低い眼圧に身体自身の治癒応答を刺激します, 補助または繰り返し治療の
安全な,
ほとんどの保険契約によって払い戻されるオフィスベースの手順

OptoSLTは、選択レーザー Trabeculoplastyのためのレーザーです. これは、眼内の圧力を下げることによって開放隅緑内障を治療するために使用されるレーザー手順です。 レーザシステムは、Qスイッチングされた周波数であるNd:YAGレーザが532nmの波長で短いパルスを発します。 オプトSLTは、0.2 〜 2.6mJのレベルでパルスを放出します。 連続的な電力調整機能を備えたレッドレーザダイオード照準ビームにより、SLTレーザーの正確なターゲット設定が可能です。 OptoSLTは、e-SlitLightに統合することも、様々なスリットランプに適合させることもできます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)