頸椎用椎体間固定インプラント LONESTAR®
前方

頸椎用椎体間固定インプラント
頸椎用椎体間固定インプラント
頸椎用椎体間固定インプラント
頸椎用椎体間固定インプラント
頸椎用椎体間固定インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

脊柱
頸椎用
外科学的アプローチ
前方

詳細

ロネスターCSAインプラントは、従来のACDFや最小侵襲のACDFに比べて、患者の解剖学的プロフィールを維持しながら、生体力学的な強度を提供するように設計されたスタンドアローン型スペーサーシステムです。LONESTAR Cervical Stand Aloneシステムは、頸椎の自然な矢状解剖学的プロフィールを維持しながら、前柱のサポートと安定性を提供します。 製品ハイライト インプラント時の安定性を高めるチタン鋸歯状のラジアルリブ 軸方向の足跡と領主のプロファイルが2つあります。 カバープレートは、骨のネジロックの触覚と視覚的な確認を提供します。 後縁を決めるタンタルマーカー グラフト材の梱包用の大きな窓 表示方法 LONESTAR Cervical Stand Alone Systemは、変性性椎間板疾患(DDD)を持つ骨格的に成熟した患者の頸椎(C2-T1)の1レベルでの脊椎固定術に適応されます。DDDは、患者の病歴やX線検査で椎間板の変性が確認された椎間板原性の頸部痛と定義されています。 ロネスター頚椎スタンドアローンシステムは、海綿骨やコルチコカンセル骨などの自家骨移植や人工骨と、それに付随するチタン合金製のスクリュー2本を併用して使用します。 患者は、頸椎のLONESTAR Cervical Stand Alone Systemの治療を受ける前に、少なくとも6週間の非手術治療を受けていなければなりません。 禁忌 ロネスター頚椎スタンドアローンシステムは、他の整形外科用インプラントと同様に、患者さんへの使用は禁忌とされています。 インプラントを使用することで適切な治療ができなくなる可能性がある活動性のある感染症の場合

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。