1. 研究室
  2. 臨床検査医学
  3. 自動細胞画像システム
  4. Oxford Instruments/オックスフォード・インストゥルメンツ

共焦点細胞画像システム Dragonfly 500
自動研究室用TIRF

共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
共焦点細胞画像システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

作動
自動
用途
研究室用
観察技術
TIRF, 共焦点, 生きた細胞用
その他の特徴
高解像度

詳細

共焦点だけではありません。 Dragonflyは、当然のことですが、電動光学ズーム、業界トップクラスのS/N、画像忠実性などAndorのEMCCDおよびsCMOSの優れた機能が随所に導入されています。高速・高感度というシステム性能をベースに、共焦点モードでの単分子から生細胞までの幅広い適用、TIRFMモードでの全胚、厚い細胞組織のイメージングなどが可能となります。さらには、迅速な試料評価のためのリアルタイム可視化、解像度や情報生産性を最大化する ClearView-GPU™ デコンボリューション解析も可能としました。 瞬時の共焦点性能 同時多色TIRF レーザ広視野イメージング 単分子イメージング VIS - NIR 波長レンジ 2D - 6D 高速イメージング Dragonflyは、迅速、フレキシブル、高感度のスキャンニング用に最適化された斬新なマルチポイント共焦点方式を採用し、サンプル観察の瞬時性を重視します。これによってサンプルの寿命が延びると同時に、データ取得に要する時間が相当に短縮されます。 共焦点に加えて、Dragonflyは視野の広さとTIRF顕微鏡機能を強化したことにより一層精巧な照射制御を可能とし、観察対象がnmからmmへ、単分子から細胞、細胞組織、器官そして胚にまで拡大されます。 Dragonflyをよりコンパクトにしたパッケージ200シリーズが発売中で、倒立型または正立型のいずれの顕微鏡でも使用可能です。 200シリーズにおいても、Dragonflyの性能を特徴づける多様な主要機能が利用できます:例えば、最高400 fpsまで増速可能な高速共焦点、大きくフラットな視野を確保する Borealis™ 均一照射、ClearView-GPU™デコンボルーション解析、カメラ2台を使った同時画像取得、光学ズームとピンホールサイズの切り替えなどです。 新しくまたは2台目以降の共焦点機を必要とするものの、従来にないイメージングの可能性を求めている方に対し、Dragonfly 200シリーズを従来のポイントスキャニング機に対抗できる価格で提供します。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。