流動層乾燥機 ESSICCA
エアブラスト製薬産業用研究所用

流動層乾燥機
流動層乾燥機
流動層乾燥機
流動層乾燥機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

乾燥方法
流動層, エアブラスト
用途
製薬産業用, 研究所用, 乾燥, 研究開発用, 食品産業用, 研究用, 小規模生産

詳細

流動層乾燥は、湿式造粒(High Shear MIC)により得られた造粒物を高い効率で乾燥できることから、製薬業界でよく使用されているプロセスです。 造粒物の乾燥は、固体材料から加熱空気流への水分拡散と、強制空気対流による水分除去の組み合わせによって達成されます。 ESS/CCAドライヤーは、特定の乾燥プログラムの影響を受ける制御システムを採用し、以下のような固体粒子と気体の相互作用に関する問題を解消しています。 - 造粒された塊の中に空気の通り道ができること - 乾燥工程が均一でない - 造粒物が乾燥する際に、ベッドの一部で局所的な過熱が発生する。 PLCシーメンス、カラータッチスクリーンパネル付き。 トップスプレー - ボトムスプレー。 自動エアチャネル除去 バキュームローディングシステム ATEX規則による電気システム インウォールデザインコンセプト 全解体可能。 GMPガイドラインに準拠 FAT - SAT - バリデーション文書。 乾燥プログラム 被乾燥物の性質に合わせて、様々な乾燥プログラムを選択できるソフトを搭載しています。 可能な乾燥プログラムの例としては、以下のようなものがあります。 - 風量と製品温度が一定 - 時間と共に変化するプログレッシブ気流を使用 - 即時流動化 - 温度勾配によって決定される流動化制御を使用する。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。