アナログヒーティング マントル PCE-HM 5000

アナログヒーティング マントル
アナログヒーティング マントル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

ディスプレイ
アナログ

詳細

熱するふたは実験室のサンプルか液体を熱するように設計されている。従って熱されなければならない液体はヒーターの要素によって熱される熱するふたの中のround-bottomフラスコに置かれる。熱するふたは実験室で主に加えられる補助装置である。熱するふたは実験室の異なったサンプル、液体または化学薬品の熱することをまたはむしろそれらを和らげるために促進する。5000のmlを保持するround-bottomフラスコはかぎ針編みの網に置かれ、発熱体によって下熱される。装置に800ワットの力があり、450まで°C.の温度に達する。熱するふたが比較的多量の液体を熱することができることが熱するふたPCE-HM 5000が5000のmlの容量のround-bottomフラスコのためのスペースを提供するという純然たる事実、原因で証明される。大きい容積にもかかわらず、支持された結果を提供することを短い加熱のひとときだけが必要とするのでそれに全5リットルをできるだけ速く熱する機能がある。熱するふたの温度規則はstepless調整されたロータリー スイッチによって行われる。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

PCE Ibérica S.L.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。