携帯型患者モニター PeriFlux 6000 EPOS
血流用酸素生理学用

携帯型患者モニター
携帯型患者モニター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

構成
携帯型
測定可能パラメータ
血流用, 酸素
調理方
レーザードップラー
オプションとアクセサリー
タッチパネル付き

詳細

EPOSシステムPeriFlux 6000では、レーザードップラー流速計(LDF)と拡散反射分光法(DRS)の統合に成功し、微小循環における血流と酸素飽和度の正確な計測を可能にしました。これにより、重症糖尿病などの複雑な疾患進行や、血流や酸素化が関与する生理的事象の研究・理解に、未踏の可能性が生まれました。 この新しい技術の主な利点は、標準的なレーザードップラーを使用した場合のような定性的なものだけでなく、絶対的な単位で血液灌流を表示することです。さらに、血流速度分解された灌流において、異なる速度を区別することができる。例えば、体内のすべての細胞に必要な遅い栄養の流れと、輸送だけを目的とした速い流れを区別することができる。また、流速と赤血球の酸素飽和度の相関を調べることができ、周辺組織への酸素供給と取り込みに関する情報を明らかにすることができる。微小循環パラメータの推定には、マルチモーダルな測定値をモデルに基づく独自の解析法を採用しています。多層組織モデルを測定信号にリアルタイムで適応させ、適応したモデルから以下のパラメータを求める。 赤血球酸素飽和度(%) 赤血球組織率:グラム赤血球/100グラム組織(%) 酸素化ヘモグロビンおよび還元ヘモグロビンの組織濃度(μM) 速度分解灌流:グラム赤血球/100グラム組織×mm/秒(%RBC×mm/秒)。3種類の速度領域。 10mm/秒 測定深度(mm)

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Perimedの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。