環状超音波ドップラー PeriFlux 6000
台車上パルスオキシメータ付き血圧計付き

環状超音波ドップラー
環状超音波ドップラー
環状超音波ドップラー
環状超音波ドップラー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
環状
形状
台車上
オプションと付属品
プリンター付き, 血圧計付き, パルスオキシメータ付き, ABI, TBI

詳細

PeriFlux 6000 Laser Dopplerはモジュール設計により、血流/灌流と経皮酸素1 (TCOM, tcpO2) や二酸化炭素を同時にモニタリングすることが可能です。また、熱刺激や圧力制御のための機能ユニット、およびレーザードップラープローブも用意されています。このユニットでは、恒温式レーザードップラープローブおよび/または温度測定センサーを使用することができます。 恒温式レーザードップラープローブは、測定部位の組織を正確に加熱することができます。これは、例えば、組織の予備能力を調査するのに有効である。 ペリメド社の専用ソフトウェアと組み合わせることで、微小循環を調査・評価するための安全でスムーズかつシンプルなワークフローを実現する、完全でカスタマイズされたソリューションを提供します。 PeriFlux 6000 Laser Dopplerは、特に以下のようなアプリケーションで広く使用されています。 形成外科 フラップモニタリング 内皮機能障害 熱制御レーザードップラー イオントフォレーシス 口腔内測定 全身性硬化症 脳卒中モデル(MCAO) PF 6001 - メインユニット メインユニットは、タッチパネルで操作し、最大8つのファンクションユニットを搭載することができます。各機能ユニットの説明は以下の通りです。 PF 6010 - LDPMユニット PF 6010 - LDPM ユニット(レーザードップラー灌流モニター)は、レーザードップラー技術に基づく血液灌流測定に使用されます。レーザードップラーは、毛細血管、細動脈、細静脈、シャントを含む局所的な微小血管の総流量を測定します。1台につき1個のレーザードップラープローブを使用します。測定部位の組織を正確に加温するために、ユニットにはサーモスタット式レーザードップラープローブを使用することができます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。